代表的な日本のFX業者の批評1

外為オンライン

外為オンラインでは、「システムトレード」が用意されています。
システムトレードとは、本来であれば取引を自分で行わないといけないのを、「プログラミングに任せる」と言うものです。
どうしてプログラミングに任せる形になるのか・・・と言うと、それは外為オンラインで独自の「ストラテジー」を用意しているからです。
ストラテジーは売買プログラム。

例えば、「米ドル円のプログラム」のように、ストラテジーは通貨ペアごとで用意されています。
なので、業者がストラテジーを余り用意していない・・・と言う場合には、「取引ができない通貨ペア」についても存在すると言う事になります。
この心配が外為オンラインではありません。

最高に便利なのは、システムトレードツールであればポートフォリオと言う、「取引情報の保存」もできると言うところです。
ポジションや取引システムの利用の際には、ポートフォリオを活用するようにして取引ごとのデータをよび出せるようになっているのです。

マネーパートナーズ

マネーパートナーズには「代用サービス」があります。
最近では、FX業者であっても複合サービスを行っている業者は多いのですが、マネーパートナーズは顕著でしょう。
先ほどの代用サービスでは、有価証券を活用してのトレードが可能となっていますからね。
有価証券と言うのは、株式売買において使われる銘柄の証券となっていますが、こちらについては「塩漬け」になってしまっている人もいます。

特に、マネーパートナーズのような有名なFX業者がサービスをよくしている今では、FXのみに絞って株式投資については中断となっている人も多いでしょう。
また、株式投資については余っている株が使われないまま・・・と言う事は多いです。

ですが、マネーパートナーズでは「有価証券で取引ができる」ので、証拠金の代わりに使ってみてはどうでしょうか。
今では証券だけでは、あまり利益にもなりませんので、このマネーパートナーズのサービスは画期的だと言えます。

トレイダーズ証券

トレイダーズ証券を悪く言うと「普通」です。
実際にスプレッド、スワップポイントでも中くらいなので、普通以外の評価が少ないものです。
ですが、逆に言うとそれがトレイダーズ証券の良いところなのです。

例えば、相場についてはスプレッド・スワップポイントの両方ともよく変動します。
ですが、トレイダーズ証券はあまり変動しないので、信用を持って取引ができる業者として評価されていますね。

今では、物珍しい取引についてもトレイダーズ証券では開発されていますので、スプレッドなどの手数料のみ他のFX業者より劣ると言う考え方でもいいでしょう。
そして、何よりもトレイダーズ証券は「プロトレーダーにしか扱えなかった金融商品」についても取り扱っているのが大きな魅力となります。

これは、他のFX業者では行っていませんので、「一般の投資家でも投資しやすい商品」について珍しいものは、トレイダーズ証券でないと取引が行えなかったりするのも特徴でしょう。

FX体験談セブンインベスターズのはなし

かつてセブンインベスターズの7FX Meta Trader 4ですが、何と言っても「自動売買」が最大の特徴でしょう。
あらかじめ用意されている戦略により自動売買(システムトレード)が行えますので、トレーダーは知識不要でもトレードをできるのです。
これ以上にメリットの大きいシステムトレードもないかと思います。
また、セブンインベスターズの7FX Meta Trader 4は基本的にはオリジナルとなっています。

他の業者でも同じなのですが、特にオリジナル要素が組み込まれているので、改変がされるたびに新しい要素が体験できるようになっています。
これからセブンインベスターズの7FX Meta Trader 4を利用してみようと考えているのであれば、攻略サイトなどでMT4の比較などを見てみると良いでしょう。
やはり、セブンインベスターズの7FX Meta Trader 4のようなオリジナル要素の高いものが特に評価されているのが学べるかと思いますので。
セブンインベスターズの7FX Meta Trader 4と言うと、「オリジナルのテクニカル指標」があります。

MT4と言うとどれも同じように感じるものですが、セブンインベスターズの7FX Meta Trader 4であればオリジナル指標でトレードできますので、他とはその部分で大きく違ってきますね。

と言うのも、一般的なMT4では独自のテクニカル指標については、プログラミングのみが行えるようになっていますので、プログラミングの知識がない場合には使い方がわからない場合も多く、オリジナル要素がなくなってしまうのです。

自分に合ったMT4にしたいのであれば、セブンインベスターズの7FX Meta Trader 4のようなサポートまでしっかりとしているものが良いでしょう。
セブンインベスターズであればこそ、オリジナルのシステムトレードが容易に作成可能となります。
基本的には、MTと言うとEA(Expert Advisor)がありますが、セブンインベスターズの7FX Meta Trader 4であれば、こちらについても自由に作成することまでが可能でした。

カブロフFXなど

セブンインベスターズの7FX Kaburofと言うと、「カブロフFX」で有名です。
と言うのも、2009年度の週刊アスキー・ビジネスアスキー・マネージャパン主催のシストレGPにおいては日本一に輝いたシステムトレードだからです。
システムトレードと言うのは、「自動売買システム」の事なのですが、基本的にベースとなるシステムトレードが存在しており、その後、そのシステムトレードがオリジナル要素を含めて改良され、「カブロフFX」などのような名称となります。

このシステムトレードの特徴は、何と言っても自動売買が行える事でしょう。

セブンインベスターズの7FX Kaburofでは、簡単なステップを行うだけで、後は個人での操作については不要となっていますし、自動売買の取り決めについてはプログラミングがされていますので、そのような設定も不要です。

なので、設定については最初だけで、後は自動で取引が可能なプログラムとなっています。

まず、システムトレードと言うと、どうしてもプログラミング要素があると思われていますよね。
画面構成のカスタマイズ、もしくはトレードの際にオプションを利用する場合のプログラミングなど、セブンインベスターズ以外のトレードツールでは良く見かけるものです。

ですが、セブンインベスターズの7FX Kaburofでは知識については、ストラテジーによって解決が図られるようになっていますので不要なのです。
これにより自動的に取引がされます。
しかも、自動的に売買までされるようになっていますので、プログラミングで取引がされていくようなものなのです。

プログラミング知識に関するものは、ポートフォリオとストラテジーとなっていますが、こちらについても「業者が配布」をしていますので、配布ページやランキングページでの配布を受けるようにしましょう。
セブンインベスターズの7FX Kaburofでは、他に必要な操作はありません。

副業で稼いだけど忘れがちな確定申告のはなし

オンライン確定申告(e-Tax)ですが、「業者にお任せ」と言うものがあります。
FX業者でもそうですが、納税などのページにおいては業者の斡旋などを行っていますし、ネットで「確定申告 代理業者」としてキーワード検索をしてみると、オンライン確定申告(e-Tax)にちなんだものが沢山見つかります。

昔から、個人・法人であってもオンライン確定申告と言うのは忘れられやすいもので、個人営業主などはこのサービスをよく利用されていますね。
何よりも「会計ソフト」を用意されていますので、業者であれば本職での利益と副業(FXなどの収入)による利益が当月分ではいくら・・・と言う感じでまとめられているのです。

オンライン確定申告(e-Tax)であっても、そのような作業が必要なので、実際に大きく儲けてもいるような状況であれば、「会計ソフトを使って自己で管理をする」か、もしくはオンライン確定申告(e-Tax)などに対応している業者を利用しましょう。
時間の無駄になりませんし、これが最もリスクが少ない対応です。

投資体験談、使いやすかったFX口座とは

以前利用していて使いやすかったFX口座がサイバーエージェントFXなんですが、「取り扱い通貨ペア」に高スワップのものが多いです。
例えば、「南アフリカランド」であったり、「アジア通貨」とされているものがそうです。
南アフリカランドについては、サイバーエージェントFX以外でも取り扱われているのですが注意が必要です。
それは「スワップスプレッド」。

スワップにもプラススプレッド、マイナススプレッドと言う幅が存在しますので、実際の手数料と言うのは「基本的に固定ではない」のです。
ですが、サイバーエージェントFXではその幅が狭く、しかも「外貨両替に対応している業者」なので、FX業者では良く耳にするのですね。
ただ、対応しているのは4つのサービスの「外貨ex」となっていますので注意しましょう。

両替は「スプレッド分がある」ので、実際のレートと比較すると受取時にはどうしても下がってしまいます。
これについても、サイバーエージェントFX以外で同じとなっているのを忘れずに。

またアジア通貨である「人民元」についても通貨ペアが組めるようになっています。
人民元/円と言うわけですね。

また、この通貨の魅力以前に大事なのは、サイバーエージェントFXであってもサービスが決まっている事です。
その利用可能なサービスは「外貨ex」です。

最もスプレッドが安いので、サイバーエージェントFXの中ではスプレッドが安定しないアジア通貨を使うのには適しているでしょう。
また、人民元FX取引については、サイバーエージェントFX以外のFX業者でも対応しています。
では、サイバーエージェントFXの魅力は何なのか?と言うと、何よりも「サービス内で両替にも対応」している点でしょう。

他の業者では、サービスによっては手数料がかかりすぎるので、ただでさえ「コストが読めない人民元」を使うのにはリスクがあります。
また、コールサポートなども24時間対応となっていますので、不安があった場合には、即時でサイバーエージェントFXに連絡を入れられるなど、サポートの充実も嬉しいところです。
サイバーエージェントFXはよく人民元の魅力についても語られる事がありました。

そもそも、FX業者によっては人民元については対応をしていませんので、FXトレードで通貨ペアとして利用ができなかったりしますので、やはり、取り扱っているサイバーエージェントFXは魅力的でしょう。

また、中国情勢と言うのは好景気に突入してからも、成長性が高い状態を維持し続けていますので、スワップにおいて美味しい通貨となってきているのです。
これから先についてはどうなるか不明ですが、現時点での人民元の魅力は「通貨高になる可能性が高い」と言う点になるでしょう。
サイバーエージェントFXで用意されているものは、「金利も高い」と言う魅力がありますので、「スワップ金利も狙いながらで為替利益も狙う」と言う離れ業が可能な通貨ペアとなっています。

人民元は「CNY(中国本土で使われているもの)」ではありません。
香港の「オフショア人民元(CNH)」となっていますので、サイバーエージェントFXでは不都合が少ない通貨ペアなのです。