投資体験談、使いやすかったFX口座とは

以前利用していて使いやすかったFX口座がサイバーエージェントFXなんですが、「取り扱い通貨ペア」に高スワップのものが多いです。
例えば、「南アフリカランド」であったり、「アジア通貨」とされているものがそうです。
南アフリカランドについては、サイバーエージェントFX以外でも取り扱われているのですが注意が必要です。
それは「スワップスプレッド」。

スワップにもプラススプレッド、マイナススプレッドと言う幅が存在しますので、実際の手数料と言うのは「基本的に固定ではない」のです。
ですが、サイバーエージェントFXではその幅が狭く、しかも「外貨両替に対応している業者」なので、FX業者では良く耳にするのですね。
ただ、対応しているのは4つのサービスの「外貨ex」となっていますので注意しましょう。

両替は「スプレッド分がある」ので、実際のレートと比較すると受取時にはどうしても下がってしまいます。
これについても、サイバーエージェントFX以外で同じとなっているのを忘れずに。

またアジア通貨である「人民元」についても通貨ペアが組めるようになっています。
人民元/円と言うわけですね。

また、この通貨の魅力以前に大事なのは、サイバーエージェントFXであってもサービスが決まっている事です。
その利用可能なサービスは「外貨ex」です。

最もスプレッドが安いので、サイバーエージェントFXの中ではスプレッドが安定しないアジア通貨を使うのには適しているでしょう。
また、人民元FX取引については、サイバーエージェントFX以外のFX業者でも対応しています。
では、サイバーエージェントFXの魅力は何なのか?と言うと、何よりも「サービス内で両替にも対応」している点でしょう。

他の業者では、サービスによっては手数料がかかりすぎるので、ただでさえ「コストが読めない人民元」を使うのにはリスクがあります。
また、コールサポートなども24時間対応となっていますので、不安があった場合には、即時でサイバーエージェントFXに連絡を入れられるなど、サポートの充実も嬉しいところです。
サイバーエージェントFXはよく人民元の魅力についても語られる事がありました。

そもそも、FX業者によっては人民元については対応をしていませんので、FXトレードで通貨ペアとして利用ができなかったりしますので、やはり、取り扱っているサイバーエージェントFXは魅力的でしょう。

また、中国情勢と言うのは好景気に突入してからも、成長性が高い状態を維持し続けていますので、スワップにおいて美味しい通貨となってきているのです。
これから先についてはどうなるか不明ですが、現時点での人民元の魅力は「通貨高になる可能性が高い」と言う点になるでしょう。
サイバーエージェントFXで用意されているものは、「金利も高い」と言う魅力がありますので、「スワップ金利も狙いながらで為替利益も狙う」と言う離れ業が可能な通貨ペアとなっています。

人民元は「CNY(中国本土で使われているもの)」ではありません。
香港の「オフショア人民元(CNH)」となっていますので、サイバーエージェントFXでは不都合が少ない通貨ペアなのです。